TUTTIの紹介

TUTTI(トゥッティ)ってこんなところ

施設概要

施設名 TUTTI
施設種類 障害福祉サービス多機能型事業所
生活介護事業・就労継続支援B型事業
設置主体 社会福祉法人TUTTI(運営主体も同じ)
事業開始 平成17年8月1日
建物構造 鉄骨造3階建て(延床面積862.36u)
定員 40名(生活介護 26名・就労継続支援B型 14名)
URL http://tutti.cc
開設日 月・火・木・金・土(水・日・祝休み)
職員 管理者・サービス管理責任者・生活支援員・嘱託医
目標工賃達成指導員・職業指導員・栄養士・調理員
   

施設種類 特定相談支援事業・障害児相談支援事業所
施設名 相談支援事業所TUTTI
設置主体 社会福祉法人TUTTI(運営主体も同じ)
事業開始 平成23年4月1日
開設日 月・火・木・金・土(水・日・祝休み)
職員 管理者・相談支援員
所在地 名古屋市名東区藤森西町301番地1
TEL 052-799-3133 FAX 052-760-5056
     
施設名 TUTTIホーム
施設種類 共同生活介護事業
設置主体 社会福祉法人TUTTI
事業開始 平成22年5月1日
定員 6名
職員 管理者・サービス管理責任者・世話人・生活支援員
所在地 名古屋市守山区向台3-1504 HANAMIZUKI向台103・105号室
TEL・FAX 052-772-6006

●詳しいアクセスマップは別ページでご案内いたしております。

社会福祉法人TUTTIのなりたち


名古屋市名東区を中心に障がいがある子どもを持つ親たちで「子どもの将来を考える会」を発足させ、将来、人権が尊重され、いきいきと働く場・日中の居場所を作りたいという想いでスタートしました。
見学会・学習会を取り組みながら、親たちだけではなく、幅広い人のネットワークで実現できないものかと、模索していました。

めいきん生協(現:コープあいち)リサイクルセンターとの出会い
めいきん生協では、各店舗から排出される発砲スチロールのトロ箱を減容し再資源化していました。
この減容作業が障害者の仕事おこしになるのではと、その可能性を求めて、1995年3月より養護学校高等部の生徒を中心に春・夏・冬休みとめいきん生協のご協力のもと現場実習を繰り返しました。


1997年4月 名東区に共同作業所をつくる会「TUTTI」の結成へ
名古屋市の助成事業、サマースクールなどに取り組む
1998年5月 リサイクルセンター「共同作業所TUTTI」誕生
3名の知的障害者を中心にスタート
1999年4月 名古屋市の助成金を受けて小規模作業所(定員10名)として正式にスタート
2001年3月 モーニングCOOPのシッパー洗浄作業事業拡大
2003年4月 「TUTTI第2作業所(定員10名)」開設
食への挑戦 ハーブカレー試作開始
2004年10月 「社会福祉法人TUTTI」認可
2005年8月 知的障害者通所授産施設TUTTI(定員40名)」開設
2010年5月 共同生活介護TUTTIホーム(定員6名)」開所
守山区向台3-1504 HANAMIZUKI向台103・105号室
2011年4月 障害福祉サービス事業所
多機能事業所、生活介護(26名)・就労継続支援B型(14名)に移行
相談支援事業開設

 

基本計画 5本の柱

人権を守る 障がいを持つ仲間たちが人間らしく心豊かな生活が送れるよう、本人の意向を尊重し生きがいの持てる生活の保障をめざします。
いきいきと働く 「仲間たちが主人公」を合言葉に仲間の「声なき要求」にもしっかり耳を傾け、さまざまな障がいを持つ仲間の活動や将来に向けての取り組みを進めます。
地域拠点としての役割の充実 日常生活をともにしながら諸能力の発達を支援します。また地域で安定してくらせるよう施設の枠を超えグループホーム・ケアホーム・生活支援などの社会資源の充実に努めます。
利用者主体 個々の能力に応じた作業の提供を行い、労働を通じて発達や社会性の向上を支援します。また地域で自立した生活を送るために不可欠な所得保障をします。
地域生活の実現 施設を利用する仲間たちとともに、地域の障がいを持つ方々にも利用していただける施設を目指します。相談窓口の設置、実習の受け入れ、情報提供を行います。